新卒入社3年目 DBM部 分析チーム 前田 恭佑 2013年5月~ コンタクトセンター部 チーム 2014年3月~現在 DBM部 分析チーム

  • JIMOSに入社を決めた理由は?

    就職活動を始めた当初、将来のビジョンが決まっておらず悩んでいたとき、JIMOS採用担当者が面談の機会を何度も設けて、私自身の思考の癖に気づかせてくれたり、ビジョンを描く手助けをしてくれました。多くの企業を受けた中で、ここまでの対応をするところは他になく、一学生に対しても本気で向き合う採用担当者の魅力はとても大きかったです。そして、自分なりのビジョンを持つことに伴い、“早期から努力を重ねて活躍できる人材になりたい”と思うようになり、JIMOSの環境はまさしく自分が求めているものだと感じるようになりました。努力によって機会を手に入れて、活躍している若手社員にたくさん会いましたからね。

  • これまでJIMOSの仕事における
    最大のチャレンジは?

    1年目の終盤に、中途社員しかいなかった現在の部署に異動し、データベースやプログラミングスキルなど、自身のスキル不足を痛感する日々の中、必死で勉強を重ねたときです。結果、それまではできなかった自社の会報誌の反響の検証を一人で任せてもらえるまでになりました。その後も勉強を重ねて、難易度の高い業務をスピーディーに行えることが増えていき、自信につながっていきました。3年目に入ってすぐに、入社からの2年間を振り返って自分の仕事の成果や成長の軌跡を全社員にプレゼンする機会が設けられた際には、成長と努力の過程が認められ、同期の中でトップの評価を得ました。社内の多くの人が入社時からの伸び率に驚き、喜んでくれて自分自身もとても嬉しかったです。

  • 今後の目標やキャリアビジョンを
    教えてください。

    より高度な分析をできるようになり、周囲にも良い影響を与えられる存在になりたいです。現在、部署で活用している分析ツールはまだ一部機能しか使いこなせていませんが、スキルアップに伴って高度な分析が可能となり、他部署に対してより有益な分析結果が提供できると考えています。また、自分のスキルアップだけでなくチーム全体の分析力を高められるよう、今や増えてきた新卒の後輩にも発信していきたいです。

  • JIMOSの魅力を3つ教えてください。

    • オンオフの切り替え上手な社員

      スイッチの切り替えがきちんと出来る人が多いです。普段おちゃらけているように見えても、仕事となればとことん真面目に取り組みます。

    • 納得できる評価体制

      評価制度が整っており、自分の現状と、どのように評価されているかの確認が行いやすいです。評価に関する上長との面談も半期に三度あり、目標の高さの認識合わせや進捗の確認が行えます。

    • コミュニケーションのとりやすいオフィス

      オフィスがワンフロアであるため、いつでも社内のコミュニケーションが図れます。

      このインタビューは2016年3月に実施しました。
      Q1~4の回答内容は当時のものです。